本館粉絲專頁

日本大賽

分享此網頁到Facebook
分享此網頁到Plurk
分享此網頁到百度搜藏
分享此網頁到Twitter
分享此網頁到Del.icio.us
最近作者:Chia Yu Su 2016年12月19日 (星期一)18:38 ;歷來作者:Ray AllenBones其他...
台灣棒球維基館
跳轉到: 導覽搜尋
NPB.gif     日本野球機構     NPB.gif
中央聯盟 太平洋聯盟
讀賣巨人隊 中日龍隊 阪神虎隊 東北樂天金鷲隊 北海道日本火腿鬥士隊 埼玉西武獅隊
|東京養樂多燕子隊 廣島東洋鯉魚隊 橫濱DeNA灣星隊 福岡軟銀鷹隊 千葉羅德海洋隊 歐力士猛牛隊
歷年獎項 | 例行賽紀錄 | 交流戰 | 高潮系列賽 | 日本大賽 | 日本野球連盟 | 日職二軍 | 四國島聯盟plus | 棒球挑戰聯盟 | 棒球第一聯盟 | 消失球團
亞洲職棒大賽 | 世界棒球經典賽 | 旅日球員 | MLB | CPBL | KBO | CBA | ABL

• 目前所在分類: 主分類 > 棒球 > 賽事 > 國際賽事 | 前往 台灣大賽 | 前往 韓國大賽 | 前往 世界大賽

2014年日本大賽賽事標誌

目次

[編輯] 賽事簡介

  日本大賽(日本選手権シリーズ,簡稱日本シリーズ、NIPPON Series),即日本職棒兩聯盟的年度總冠軍賽,日本人習慣稱之為「日本一」,於1950年首度舉行。起先由中央聯盟(CL)與太平洋聯盟(PL)的年度冠軍球隊,進行七戰四勝制的總冠軍戰。從2005年起,獲得日本大賽冠軍的球隊,還可以參加亞洲職棒大賽(Asia Series),爭奪亞洲冠軍。自2007年起,兩聯盟參賽代表隊改由高潮系列賽(クライマックスシリーズ)所勝出的球隊參加,而非聯盟冠軍隊,2007年2014年中央聯盟冠軍讀賣巨人隊2010年太平洋聯盟冠軍福岡軟銀鷹隊在高潮賽敗下陣來,未能參加日本大賽,不過這並不影響到該年聯盟冠軍的資格。

  值得注意的是,日本大賽有和局制,以15局為限,比賽若超過15局兩隊依舊平手,則以和局作收。如果七場打完沒有任何一支球隊拿下四勝的話就加賽第八戰,直到有球隊拿下四勝為止,第八場以後的比賽則取消和局制,第八場主場與第七場相同,若需要第九場比賽的話,則在移動日一天後移到三四五戰的主場舉行。

[編輯] 聯盟成績

  • 備註:本頁內容不包含單一聯盟時期,若需查詢詳細賽況,請參閱日本野球連盟條目。
  • 統計至2016年為止。

[編輯] 各隊奪冠次數統計

球隊名稱 奪冠次數 參賽次數 出賽 勝場 敗場 和局 勝率 上次奪冠年份 球團前身 備註
巨人隊 22 34 192 109 86 2 .573 2012年 一次九連霸
西武隊 13 21 130 68 60 2 .523 2008年 西鐵隊 三次三連霸
軟銀隊 7 16 93 44 48 1 .478 2015年 南海隊、大榮隊 一次二連霸
養樂多隊 5 7 37 27 13 0 .578 2001年
歐力士隊 4 12 70 27 34 2 .443 1996年 阪急隊 一次三連霸
羅德隊 4 6 32 17 14 1 .548 2010年 每日隊、大每隊
廣島隊 3 7 48 20 25 3 .444 1984年 一次二連霸
火腿隊 3 7 41 19 21 1 .475 2016年 東映隊
中日隊 2 10 60 23 36 1 .390 2007年
橫濱隊 2 2 10 8 2 0 .800 1998年 大洋隊
阪神隊 1 6 36 13 22 1 .361 1985年
樂天隊 1 1 7 4 3 0 .750 2013年
近鐵隊 0 4 26 10 16 0 .385 後與歐力士隊合併
松竹隊 0 1 6 2 4 0 .333
  • 球團前身欄位僅列出參加過日本大賽時的名稱。
  • 灰底為已經解散或合併、現已不存在的球隊。
  • 統計至2016年為止。

[編輯] 逐年賽況

年度 獲勝球隊 監督 MVP 對戰成績 勝敗順序 落敗球隊 監督 敢鬥賞
1950年 毎日隊 (PL) 湯浅禎夫 別当薫 4勝2敗 ○○●●○○ 松竹隊 小西得郎
1951年 巨人隊 (CL) 水原茂 南村不可止 4勝1敗 ○○○●○ 南海隊 山本一人
1952年 巨人隊 (CL) 水原茂 別所毅彦 4勝2敗 ○○●○●○ 南海隊 山本一人
1953年 巨人隊 (CL) 水原茂 川上哲治 4勝2敗1和 ●○△○○●○ 南海隊 山本一人 簑原宏
1954年 中日隊 (CL) 天知俊一 杉下茂 4勝3敗 ○○●●○●○ 西鉄隊 三原脩 大下弘
1955年 巨人隊 (CL) 水原円裕 別所毅彦 4勝3敗 ○●●●○○○ 南海隊 山本一人 戸川一郎
1956年 西鉄隊 (PL) 三原脩 豊田泰光 4勝2敗 ●○○○●○ 巨人隊 水原茂 稲尾和久
1957年 西鉄隊 (PL) 三原脩 大下弘 4勝0敗1和 ○○○△○ 巨人隊 水原茂 宮本敏雄
1958年 西鉄隊 (PL) 三原脩 稲尾和久 4勝3敗 ●●●○○○○ 巨人隊 水原茂 藤田元司
1959年 南海隊 (PL) 鶴岡一人 杉浦忠 4勝0敗 ○○○○ 巨人隊 水原茂 土屋正孝
1960年 大洋隊 (CL) 三原脩 近藤昭仁 4勝0敗 ○○○○ 大毎隊 西本幸雄 田宮謙次郎
1961年 巨人隊 (CL) 川上哲治 宮本敏雄 4勝2敗 ●○○○●○ 南海隊 鶴岡一人 Joe Stanka
1962年 東映隊 (PL) 水原茂 土橋正幸
種茂雅之
4勝2敗1和 ●●△○○○○ 阪神隊 藤本定義 吉田義男
1963年 巨人隊 (CL) 川上哲治 長嶋茂雄 4勝3敗 ●○○●○●○ 西鉄隊 中西太 稲尾和久
1964年 南海隊 (PL) 鶴岡一人 Joe Stanka 4勝3敗 ○●●○●○○ 阪神隊 藤本定義 山内一弘
1965年 巨人隊 (CL) 川上哲治 長嶋茂雄 4勝1敗 ○○○●○ 南海隊 鶴岡一人 森下正夫
1966年 巨人隊 (CL) 川上哲治 柴田勲 4勝2敗 ○●○○●○ 南海隊 鶴岡一人 渡辺泰輔
1967年 巨人隊 (CL) 川上哲治 森昌彦 4勝2敗 ○○○●●○ 阪急隊 西本幸雄 足立光宏
1968年 巨人隊 (CL) 川上哲治 高田繁 4勝2敗 ●○○○●○ 阪急隊 西本幸雄 長池徳二
1969年 巨人隊 (CL) 川上哲治 長嶋茂雄 4勝2敗 ○●○○●○ 阪急隊 西本幸雄 長池徳二
1970年 巨人隊 (CL) 川上哲治 長嶋茂雄 4勝1敗 ○○○●○ 羅德隊 濃人渉 井石礼司
年度 獲勝球隊 監督 MVP 對戰成績 勝敗順序 落敗球隊 監督 敢鬥賞
1971年 巨人隊 (CL) 川上哲治 末次民夫 4勝1敗 ○●○○○ 阪急隊 西本幸雄 山田久志
1972年 巨人隊 (CL) 川上哲治 堀内恒夫 4勝1敗 ○○●○○ 阪急隊 西本幸雄 足立光宏
1973年 巨人隊 (CL) 川上哲治 堀内恒夫 4勝1敗 ●○○○○ 南海隊 野村克也 野村克也
1974年 羅德隊 (PL) 金田正一 弘田澄男 4勝2敗 ●○●○○○ 中日隊 与那嶺要 高木守道
1975年 阪急隊 (PL) 上田利治 山口高志 4勝0敗2和 △○○△○○ 廣島隊 古葉竹識 山本浩二
1976年 阪急隊 (PL) 上田利治 福本豊 4勝3敗 ○○○●●●○ 巨人隊 長嶋茂雄 柴田勲
1977年 阪急隊 (PL) 上田利治 山田久志 4勝1敗 ○○●○○ 巨人隊 長嶋茂雄 河埜和正
1978年 養樂多隊(CL) 広岡達朗 大杉勝男 4勝3敗 ●○●○○●○ 阪急隊 上田利治 足立光宏
1979年 廣島隊 (CL) 古葉竹識 高橋慶彦 4勝3敗 ●●○○○●○ 近鐵隊 西本幸雄 井本隆
1980年 廣島隊 (CL) 古葉竹識 Jim Lyttle 4勝3敗 ●●○○●○○ 近鐵隊 西本幸雄 小川亨
1981年 巨人隊 (CL) 藤田元司 西本聖 4勝2敗 ●○●○○○ 火腿隊 大沢啓二 井上弘昭
1982年 西武隊 (PL) 広岡達朗 東尾修 4勝2敗 ○○●●○○ 中日隊 近藤貞雄 上川誠二
1983年 西武隊 (PL) 広岡達朗 大田卓司 4勝3敗 ○●●○●○○ 巨人隊 藤田元司 西本聖
1984年 廣島隊 (CL) 古葉竹識 長嶋清幸 4勝3敗 ○●○○●●○ 阪急隊 上田利治 山沖之彦
1985年 阪神隊 (CL) 吉田義男 Randy Bass 4勝2敗 ○○●●○○ 西武隊 広岡達朗 石毛宏典
1986年 西武隊 (PL) 森祗晶 工藤公康 4勝3敗1和 △●●●○○○○ 廣島隊 阿南準郎 達川光男
1987年 西武隊 (PL) 森祗晶 工藤公康 4勝2敗 ●○○●○○ 巨人隊 王貞治 篠塚利夫
1988年 西武隊 (PL) 森祗晶 石毛宏典 4勝1敗 ○●○○○ 中日隊 星野仙一 宇野勝
1989年 巨人隊 (CL) 藤田元司 駒田徳広 4勝3敗 ●●●○○○○ 近鐵隊 仰木彬 新井宏昌
1990年 西武隊 (PL) 森祗晶 Orestes Destrade 4勝0敗 ○○○○ 巨人隊 藤田元司 岡崎郁
年度 獲勝球隊 監督 MVP 對戰成績 勝敗順序 落敗球隊 監督 敢鬥賞
1991年 西武隊 (PL) 森祗晶 秋山幸二 4勝3敗 ○●○●●○○ 廣島隊 山本浩二 川口和久
1992年 西武隊 (PL) 森祗晶 石井丈裕 4勝3敗 ●○○○●●○ 養樂多隊 野村克也 岡林洋一
1993年 養樂多隊(CL) 野村克也 川崎憲次郎 4勝3敗 ○○●○●●○ 西武隊 森祗晶 清原和博
1994年 巨人隊 (CL) 長嶋茂雄 槙原寬己 4勝2敗 ●○○●○○ 西武隊 森祗晶 清原和博
1995年 養樂多隊(CL) 野村克也 Thomas O'Malley 4勝1敗 ○○○●○ 歐力士隊 仰木彬 小林宏
1996年 歐力士隊(PL) 仰木彬 Troy Neel 4勝1敗 ○○○●○ 巨人隊 長嶋茂雄 仁志敏久
1997年 養樂多隊(CL) 野村克也 古田敦也 4勝1敗 ○●○○○ 西武隊 東尾修 松井稼頭央
1998年 橫濱隊 (CL) 権藤博 鈴木尚典 4勝2敗 ○○●●○○ 西武隊 東尾修 大塚光二
1999年 大榮隊 (PL) 王貞治 秋山幸二 4勝1敗 ○●○○○ 中日隊 星野仙一 川上憲伸
2000年 巨人隊 (CL) 長嶋茂雄 松井秀喜 4勝2敗 ●●○○○○ 大榮隊 王貞治 城島健司
2001年 養樂多隊(CL) 若松勉 古田敦也 4勝1敗 ○●○○○ 近鐵隊 梨田昌孝 Tuffy Rhodes
2002年 巨人隊 (CL) 原辰徳 二岡智宏 4勝0敗 ○○○○ 西武隊 伊原春樹 Alex Cabrera
2003年 大榮隊 (PL) 王貞治 杉内俊哉 4勝3敗 ○○●●●○○ 阪神隊 星野仙一 金本知憲
2004年 西武隊 (PL) 伊東勤 石井貴 4勝3敗 ○●○●●○○ 中日隊 落合博滿 井上一樹
2005年 羅德隊 (PL) Bobby Valentine 今江敏晃 4勝0敗 ○○○○ 阪神隊 岡田彰布 矢野輝弘
2006年 火腿隊 (PL) Trey Hillman 稲葉篤紀 4勝1敗 ●○○○○ 中日隊 落合博満 川上憲伸
2007年 中日隊 (CL) 落合博滿 中村紀洋 4勝1敗 ●○○○○ 火腿隊 Trey Hillman ダルビッシュ有
2008年 西武隊 (PL) 渡邊久信 岸孝之 4勝3敗 ○●●○●○○ 巨人隊 原辰德 Alex Ramirez
2009年 巨人隊 (CL) 原辰德 阿部慎之助 4勝2敗 ○●○●○○ 火腿隊 梨田昌孝 高橋信二
2010年 羅德隊 (PL) 西村德文 今江敏晃 4勝2敗1和 ○●○●○△○ 中日隊 落合博滿 和田一浩
年度 獲勝球隊 監督 MVP 對戰成績 勝敗順序 落敗球隊 監督 敢鬥賞
2011年 軟銀隊 (PL) 秋山幸二 小久保裕紀 4勝3敗 ●●○○○●○ 中日隊 落合博滿 吉見一起
2012年 巨人隊 (CL) 原辰徳 内海哲也 4勝2敗 ○○●●○○ 火腿隊 栗山英樹 稲葉篤紀
2013年 楽天隊 (PL) 星野仙一 美馬学 4勝3敗 ●○○●○●○ 巨人隊 原辰德 長野久義
2014年 軟銀隊 (PL) 秋山幸二 内川聖一 4勝1敗 ●○○○○ 阪神隊 和田豊 Randy Messenger
2015年 軟銀隊 (PL) 工藤公康 李大浩 4勝1敗 ○○●○○ 養樂多隊 真中滿 山田哲人
2016年 火腿隊 (PL) 栗山英樹 Brandon Laird 4勝2敗 ●●○○○○ 廣島隊 緒方孝市 Brad Eldred
  • 備註:○代表勝場,●代表敗場,△代表和局。戰績含各隊前身球隊。
  • 原則上MVP由獲勝球隊的球員獲得,敢鬥賞由落敗球隊的球員獲得;但1956年的敢鬥賞則是由西鐵獅隊的球員獲得。
  • 1954年開始,被選為MVP的球員,可獲贈豐田汽車一部;但如果是廣島東洋鯉魚隊的球員獲得了MVP,則可獲贈馬自達汽車一部。
  • 西元偶數年時,中央聯盟(CL)佔有主場優勢;西元奇數年時,太平洋聯盟(PL)佔有主場優勢。主場優勢的球隊於第1、2、6、7戰擔任主場。

[編輯] 相關頁面

[編輯] 相關連結