本館粉絲專頁

高潮系列賽

分享此網頁到Facebook
分享此網頁到Plurk
分享此網頁到百度搜藏
分享此網頁到Twitter
分享此網頁到Del.icio.us
最近作者:ALL 2017年4月9日 (星期日)18:40 ;歷來作者:ICHIRO SUZUKIRay Allen其他...
台灣棒球維基館
跳轉到: 導覽搜尋
NPB.gif     日本野球機構     NPB.gif
中央聯盟 太平洋聯盟
讀賣巨人隊 中日龍隊 阪神虎隊 東北樂天金鷲隊 北海道日本火腿鬥士隊 埼玉西武獅隊
|東京養樂多燕子隊 廣島東洋鯉魚隊 橫濱DeNA灣星隊 福岡軟銀鷹隊 千葉羅德海洋隊 歐力士猛牛隊
歷年獎項 | 例行賽紀錄 | 交流戰 | 高潮系列賽 | 日本大賽 | 日本野球連盟 | 日職二軍 | 四國島聯盟plus | 棒球挑戰聯盟 | 棒球第一聯盟 | 消失球團
亞洲職棒大賽 | 世界棒球經典賽 | 旅日球員 | MLB | CPBL | KBO | CBA | ABL

• 目前所在分類: 主分類 > 棒球 > 賽事 > 國際賽事 | 前往 國家聯盟冠軍系列賽 | 前往 美國聯盟冠軍系列賽 | 前往 日本大賽

目次

[編輯] 賽事簡介

  高潮系列賽(クライマックスシリーズ、Climax Series,或又譯為顛峰賽),是日本職棒聯盟在2007年所導入的季後賽制度,分為第一輪與決勝輪兩個賽程,一般使用「CS」作為簡稱。在兩聯盟高潮系列賽獲勝的球隊,則取得日本大賽的參賽資格。

[編輯] 賽制

  高潮賽首輪(ファーストステージ,First Stage,舊稱第1ステージ,第1輪)採用三戰兩勝制,和季賽相同有和局制,但至多12局。由季賽第三名挑戰季賽第二名。季賽第二名擁有所有比賽之主場優勢,賽事結束後以勝利場次較多之球隊晉級。如果最後兩隊戰績相同(一勝一敗一和或是三和),則以季賽第二名晉級決勝輪。

  高潮賽決勝輪(日文表示為ファイナルステージ,Final Stage,舊稱第2ステージ,第2輪)於賽程設置之初採用五戰三勝制,但從2008年起採用六戰四勝制,一樣採用和局與12局上限等規則,聯盟冠軍則擁有所有比賽之主場優勢。但由於聯盟冠軍先取得一勝資格,因此實際上最多只打六場,在高潮系列賽中和局沒有加賽制度,因此打完六場後由勝利場數較多之球隊晉級。如果兩隊戰績相同(3勝3負1和或其它戰績相同之情況),則由聯盟優勝隊伍晉級日本大賽。另自2008年起,決勝輪結束後也會選出一位賽事最有價值球員(MVP)。

[編輯] 中央聯盟歷年賽況

[編輯] 首輪

年度 賽制 獲勝球隊 季排名 監督 比賽球場 對戰成績 勝敗表 落敗球隊 季排名 監督
2007年 3 中日隊 2位 落合博満 名古屋巨蛋 2勝0敗
W
W
-
阪神隊 3位 岡田彰布
2008年 3 中日隊 3位 落合博満 京瓷巨蛋 2勝1敗
W
L
W
阪神隊 2位 岡田彰布
2009年 3 中日隊 2位 落合博満 名古屋巨蛋 2勝1敗
L
W
W
養樂多隊 3位 高田繁
2010年 3 巨人隊 3位 原辰徳 阪神甲子園球場 2勝0敗
W
W
-
阪神隊 2位 真弓明信
2011年 3 養樂多隊 2位 小川淳司 明治神宮球場 2勝1敗
W
L
W
巨人隊 3位 原辰徳
2012年 3 中日隊 2位 高木守道 名古屋巨蛋 2勝1敗
W
L
W
養樂多隊 3位 小川淳司
2013年 3 廣島隊 3位 野村謙二郎 阪神甲子園球場 2勝0敗
W
W
-
阪神隊 2位 和田豊
2014年 3 阪神隊 2位 和田豊 阪神甲子園球場 1勝0敗1和
W
S
-
廣島隊 3位 野村謙二郎
2015年 3 巨人隊 2位 原辰徳 東京巨蛋 2勝1敗
W
L
W
阪神隊 3位 和田豊
2016年 3 橫濱隊 3位 Álex Ramírez 東京巨蛋 2勝1敗
W
L
W
巨人隊 2位 高橋由伸
  • 備註:
    W
    代表勝場,
    L
    代表敗場,
    S
    代表和局。
  • 備註:2010年起將第一輪改稱為首輪。

[編輯] 決勝輪

年度 賽制 獲勝球隊 季排名 監督 比賽球場 對戰成績 勝敗表 落敗球隊 季排名 監督 MVP
2007年 5 中日隊 2位 落合博満 東京巨蛋 3勝0敗
W
W
W
-
-
巨人隊 1位 原辰徳 -
2008年 6 巨人隊 1位 原辰徳 東京巨蛋 3勝1敗1和
W
L
W
S
W
-
中日隊 3位 落合博満 Alex Ramirez
2009年 6 巨人隊 1位 原辰徳 東京巨蛋 4勝1敗
W
L
W
W
W
-
-
中日隊 2位 落合博満 脇谷亮太
2010年 6 中日隊 1位 落合博満 名古屋巨蛋 4勝1敗
W
W
W
L
W
-
-
巨人隊 3位 原辰徳 和田一浩
2011年 6 中日隊 1位 落合博満 名古屋巨蛋 4勝2敗
W
W
L
L
W
W
-
養樂多隊 2位 小川淳司 吉見一起
2012年 6 巨人隊 1位 原辰徳 東京巨蛋 4勝3敗
W
L
L
L
W
W
W
中日隊 2位 高木守道 石井義人
2013年 6 巨人隊 1位 原辰徳 東京巨蛋 4勝0敗
W
W
W
W
-
-
-
廣島隊 3位 野村謙二郎 菅野智之
2014年 6 阪神隊 2位 和田豊 東京巨蛋 4勝1敗
L
W
W
W
W
-
-
巨人隊 1位 原辰徳 吳昇桓
2015年 6 養樂多隊 1位 真中満 明治神宮球場 4勝1敗
W
L
W
W
W
-
-
巨人隊 2位 原辰徳 川端慎吾
2016年 6 廣島隊 1位 緒方孝市 廣島市民球場 4勝1敗
W
W
W
L
W
-
-
橫濱隊 3位 Álex Ramírez 田中広輔
  • 備註:
    W
    代表勝場,
    L
    代表敗場,
    S
    代表和局,
    W
    L
    為聯盟優勝的一勝優勢。
  • 備註:2010年起將第二輪改稱為決勝輪。

[編輯] 太平洋聯盟歷年賽況

[編輯] 首輪

年度 賽制 獲勝球隊 季排名 監督 比賽球場 對戰成績 勝敗表 落敗球隊 季排名 監督
2007年 3 羅德隊 2位 Bobby Valentine 千葉海洋球場 2勝1敗
W
L
W
軟銀隊 3位 王貞治
2008年 3 火腿隊 3位 梨田昌孝 京瓷巨蛋 2勝0敗
W
W
-
歐力士隊 2位 大石大二郎
2009年 3 樂天隊 2位 野村克也 宮城球場 2勝0敗
W
W
-
軟銀隊 3位 秋山幸二
2010年 3 羅德隊 3位 西村徳文 西武巨蛋 2勝0敗
W
W
-
西武隊 2位 渡辺久信
2011年 3 西武隊 3位 渡辺久信 札幌巨蛋 2勝0敗
W
W
-
火腿隊 2位 梨田昌孝
2012年 3 軟銀隊 3位 秋山幸二 西武巨蛋 2勝1敗
W
L
W
西武隊 2位 渡辺久信
2013年 3 羅德隊 3位 伊東勤 西武巨蛋 2勝1敗
W
L
W
西武隊 2位 渡辺久信
2014年 3 火腿隊 3位 栗山英樹 京瓷巨蛋 2勝1敗
W
L
W
歐力士隊 2位 森脇浩司
2015年 3 羅德隊 3位 伊東勤 札幌巨蛋 2勝1敗
W
L
W
火腿隊 2位 栗山英樹
2016年 3 軟銀隊 2位 工藤公康 雅虎拍賣巨蛋 2勝0敗
W
W
-
羅德隊 3位 伊東勤
  • 備註:
    W
    代表勝場,
    L
    代表敗場,
    S
    代表和局。
  • 備註:2010年起將第一輪改稱為首輪。

[編輯] 決勝輪

年度 賽制 獲勝球隊 季排名 監督 比賽球場 對戰成績 勝敗表 落敗球隊 季排名 監督 MVP
2007年 5 火腿隊 1位 Trey Hillman 札幌巨蛋 3勝2敗
W
L
W
L
W
羅德隊 2位 Bobby Valentine -
2008年 6 西武隊 1位 渡辺久信 西武巨蛋 4勝2敗
W
W
L
L
W
W
-
火腿隊 3位 梨田昌孝 涌井秀章
2009年 6 火腿隊 1位 梨田昌孝 札幌巨蛋 4勝1敗
W
W
W
L
W
-
-
樂天隊 2位 野村克也 Terrmel Sledge
2010年 6 羅德隊 3位 西村徳文 Yahoo巨蛋 4勝3敗
L
W
L
L
W
W
W
軟銀隊 1位 秋山幸二 成瀬善久
2011年 6 軟銀隊 1位 秋山幸二 Yahoo巨蛋 4勝0敗
W
W
W
W
-
-
-
西武隊 3位 渡辺久信 内川聖一
2012年 6 火腿隊 1位 栗山英樹 札幌巨蛋 4勝0敗
W
W
W
W
-
-
-
軟銀隊 3位 秋山幸二 糸井嘉男
2013年 6 樂天隊 1位 星野仙一 宮城可麗舒球場 4勝1敗
W
W
L
W
W
-
-
羅德隊 3位 伊東勤 田中将大
2014年 6 軟銀隊 1位 秋山幸二 雅虎拍賣巨蛋 4勝3敗
W
W
L
L
W
L
W
火腿隊 3位 栗山英樹 吉村裕基
2015年 6 軟銀隊 1位 工藤公康 雅虎拍賣巨蛋 4勝0敗
W
W
W
W
-
-
-
羅德隊 3位 伊東勤 内川聖一
2016年 6 火腿隊 1位 栗山英樹 札幌巨蛋 4勝2敗
W
W
L
W
L
W
-
軟銀隊 2位 工藤公康 中田翔
  • 備註:
    W
    代表勝場,
    L
    代表敗場,
    S
    代表和局,
    W
    L
    為聯盟優勝的一勝優勢。
  • 備註:2010年起將第二輪改稱為決勝輪。
  • 備註:2008年第二輪首戰於埼玉縣營大宮球場舉行。

[編輯] 相關連結